視覚障害者のための NPO法人 尼視協  *[尼崎市視覚障害(者)協会]

[2019年5月27 更新]

尼視協便り [後期へ]

*1 個人情報保護のための配慮をしています。ご了承ください

*2 行事予定は省略しています。ホームページの月間行事予定をご覧ください

4 月 号

 

 戸外をのびやかに歩ける季節となりました。
 先日は、第4回 尼視協 社員総会にご参加 ご協力ありがとうございました。
すでに4月4日 尼視協お花見の会は終わりましたが、今年度も会員の皆さま方のご要望にそえるよう理事一同努力いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
総会の詳しい報告は5月号に掲載させていただきます。
 総会や理事会後に発行する「尼視協だより」には、行事予定の部分を点字または活字で同封しております。お手元においてご活用ください。

 

●その1 年度末までの行事 報告
 @3月17日(日) 10:00〜 連盟文化祭 今回は視覚部が担当

 大正琴、各部カラオケ、社交ダンス、コーラスが発表 99名参加 

 午後は、自発的活動支援事業の補助金で連盟主催による市民対象 福祉啓発イベントを開催。
 「青い鳥学級」で講演いただいた水本先生による障害児に生きる喜びを与えた音楽活動についてのお話と演奏。80名以上参加

 

 A3月24日(日) 「堀口元理事長をしのぶ会」 報告 身障会館ホール

 ご遺族、北村顧問、尼身連、西視協、北図書館関係者、音訳・点訳グループの代表をはじめ会員、ヘルパー有志の64名から献花。そのあと、個人と親交が長かった萩尾節子さんの司会でみなさんと思い出を語り合いました。堀口さんが希望されていた讃美歌斉唱は肢体部の池田和美さんにピアノ伴奏をしていただきました。
 会員のお一人が私たちの気持ちを歌によんでくださいましたので披露させていただきます。

年末の 集いに参加 ハーモニカ
  吹かれし人の 明けて急逝

 

ひと月の 先に逝かれし 奥様の
  あと追う如く 旅立たれたり

* 当日の会計報告。
 参加費と北村先生からのご寄付から お花代、茶菓子代、プリザードフラワー代、ピアノ伴奏謝礼を差し引いた残額7444円を 「さえずり」会計に寄付しました。

 

 B3月30日(土) 尼視協 社会見学リフトバスツアー 報告

 あいにくのお天気でしたが 県立加西フラワーセンターのチューリップまつりと大温室の蘭や球根ベゴニアの大輪にふれてきました。
帰りに三木サービスエリアに寄る企画などは担当の戸田真由美さんにご尽力いただきました。
 会費から高速代とガソリン代を差し引いて一人424.5円の返金となるところを 入場料の余りからプラスして500円ずつの返金にしました。
 今回から 入場料などについては 尼視協が助成することになっています。受付で付添が無料となり上記の補助を出したあとの残額5368円は「さえずり」会計に寄付しました。

 

●その2 第2回 尼視協 はなみずき ミニコンサート ご案内

 第2回目は 朗読グループ「エコー」のメンバー 兵頭 賢一さんによる弾き語りです。
 とてもソフトな声で、特に佐田まさしさんの歌がお得意のようです。
日時 2019年5月30日(木) 13:30〜15:00
場所 身障会館ホール
タイトル 〜 みんなで歌おう、昭和歌謡 〜 兵頭賢一によるギター弾き語り
曲目 まず兵頭さんおすすめの楽曲から

津軽海峡冬景色  高原列車はゆく  無縁坂  恋のバカンス  大阪ラプソディー  女ひとり  青い山脈  兄弟船  愛の讃歌  ふるさと
あとは、当日をお楽しみに!

* なお、当日5月30日(木)午前中には 10:30〜 出前健診結果説明会があります。4月19日に出前健診を受けた人、受けていなくても健康についてのお話を聞いてみたい人もご参加ください。
* お昼は各自ご持参のお弁当を食べながら歓談をお楽しみください。

 

●その3 県視協ミニ用具展 ご案内

 見えにくい・見えない方が、安全に安心して豊かな生活が送れることを願い いろいろな機器のご紹介や展示を行います。

 音声アナウンス機能が付いている日常生活を少し便利にする道具、文字を拡大させて見やすくする機器、スマホやタブレット、近頃話題の音声で文字などを読み上げてくれる小型機器などを体験してみませんか。
 伊丹視障協による音声パソコン相談や点訳ボランティアさんによる点字の体験会、また墨字資料の点訳などに関する相談も行います。
【展示予定機器】

オーカム、音声時計、音声血圧計、音声体温計、音声体重計、電磁調理器(卓上型)、拡大読書器(据え置き型・携帯型)、ルーペ、音声パソコン、白杖、プレクストークPTR3、テレビが聞けるラジオ 他

<主催 共催 後援>

伊丹市視覚障害者協会 兵庫県視覚障害者福祉協会 伊丹市、伊丹市社会福祉協議会、伊丹心身障害対策市民懇談会、伊丹市身体障害者福祉連合会。

 視覚に障害のある方はもちろん、ご家族や支援されておられる方のご参加も大歓迎です。皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。
問い合わせ 伊丹市視覚障害者協会 担当 高瀬 電話 080-1510-6332

 

●その4  全国盲女性研修大会 名古屋大会 ご案内

2019年8月27日(火)〜29日(木)
会場 愛知県産業労働センター ウインクあいち
     名古屋市中村区名駅4-4-38 TEL 052-582-2121
8月29日(木)大会 受付 8:30〜

式典 10:00〜11:00 議事 11:00〜12:00 閉会式
参加費 1500円  
<日帰りコース> 8月29日(木)集合時間 12:35

参加費 6500円 昼食 弁当お茶付き
Aコース 犬山城コース
    ウインクあいち12:45 ― 犬山城と城下町散策 ― 名古屋駅16:50
Bコース 岡崎散策コース
    ウインクあいち12:45 ― 八丁味噌の郷 ― 岡崎公園(岡崎城) ― 名古屋駅17:20

お問合せ・申込〆切 5月末 萩尾または坂本へ

 

●その5  西宮市交響楽団定期演奏会へのお誘い

 今年も西視協からご招待いただいています

日時 5月19日(日)  開場13:15 開演14:00〜
会場 県立芸術文化センター 大ホール
プログラム

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番、ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥ほか」
 指揮 横島 勝人(よこしま かつと)
 ピアノ 武岡 早紀(たけおか さき)

申込〆切 4月26日 尼視協オフィスへ 電話 6421-4677

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ

 

Topページへ

5 月 号

 

 短い期間ですが、さわやかな風に乗って青空に遊びたいような季節となりました。
みなさん お元気でお過ごしでしょうか

 

今回は5月17日に行われた第1回理事会報告を中心にお届けします。

●その1 理事会報告
 @第4回社員総会報告

2019年4月12日(金) 13時30分〜 身障会館で開催
出席者51名 委任17名
 金谷(会計担当)の司会で坂本副理事長による開会のことば、会歌斉唱、物故者への黙とう、理事長あいさつに続き 来賓の方々からご祝辞をいただきました。

 

 <来賓紹介>

市長のメッセージを障害福祉課 富田課長が代読
南部保健福祉センター 山崎課長
立花地域振興センター 立花地域課奥平(オクヒラ)課長
公明党市会議員真鍋修司、福島さとり、蛭子(エビス)秀一(ヒデイチ)、藤野勝利
尼崎市立 身体障害者福祉センター塚原 所長
尼崎市立 北図書館 山下 館長
立花北生涯学習プラザ(旧立花公民館) 津川 館長
兵庫県視覚障害者福祉協会 田中峻治(シュンジ)副会長
尼崎市身体障害者連盟福祉協会 岡崎正樹 理事長
尼崎市肢体障害者福祉協会 高尾絹代 会長
* 顧問の市会議員北村保子先生は急用で欠席されましたが、「身障会館の機能移転については全力で頑張ります」という力強い伝言がありました

 

 A行事報告

4/4(木) 11:00〜 お花見の会 参加者51名(会員25名、付添26名)
4/6(土) リフトバス運営委員会 10/31(木) 2/22(土) 3/28(土)にリフトバスを借りられることになりました。
4/7(日) 聴力部総会 坂本副理事長出席
4/19(金) 出前健診 総参加者23名  
4/26(金) 県視協 女性部総会 県福祉センター  
    STT選手交流会・審判養成講習会 県障害者スポーツ交流館 尼崎 選手5名参加

 

 B現在の会員数

正会員 72名, 賛助会員 10名,  計 82名
退会, 堀口浩子さん、堀口 隆さん、宮崎(登)さん(病院付属施設入所)、浜(正)さん

 

* ここで賛助会員について一言

 賛助会員は会の目的に賛同してくださっている方で,会費は正会員と同額、手帳の有無以外は全て同じです。
 何かとご協力いただくことが多くとても助かっています。
 みなさんの周りに賛助会員になっていただけそうな方がおられましたら是非おさそいください。もちろん会費協力といった金銭面でもありがたいです。

 

 B理事補充について

 堀口さん、柴田さんの退任を受け、より若い人に理事会に入っていただきたく 理事会が推薦した方々に理事長が協力を求めることになりました。ご本人の承諾が得られれば次回理事会から参加していただこうと思っています。
 正式には来年度の総会での選任をもって理事となっていただきます。

 

 C会費値下げについて

 現在、NPO法人尼視協会費3000円とサエズリ(交流会)会費600円の計3600円を徴収しています。今回 少しでも皆さんの負担が少なくなるように、また会費の受け払いがしやすいように さえずり会費を500円にすることが提案されました。
 正式には来年度の総会の議決を待たねばなりませんが,来年度よりその見込みで 3500円の徴収とさせていただきます。
 皆さんの会費の一部より,今年度の場合 県視協 一般会員会費 1500円 66名分 9万9千円  その他、県視協 高年部の部費 700円 20名分 1万4千円、 県視協 女性部の部費 800円 14名分 1万1200円(尼視協女性部への助成金を通じ)を納めています。

 

●その2 今後の行事について
 @NPO法人 尼崎市身体障害者連盟福祉協会 第13回大会

日時 2019年7月7日(日) 13:00〜
場所 中央北生涯学習プラザ3階 小ホール(梅香小学校跡)  バス停は「総合医療センター前」が近いそうですが、くわしくは次号でお知らせします
内容 連盟事業報告、会計報告、監査報告、事業計画、予算についての審議
* 終了後 バリアフリー映画会があります

 

 A納涼カラオケ音楽祭について

今年はお盆や他の行事との兼ね合いで 第1金曜の8月2日に実施します。
 * この関係で8月のコーラスは8月1日(木)に行います。
日時 2019年8月2日(金) 11:00〜15:30 (受付10:30〜)
場所 身障会館 ホール
会費 1000円 弁当、飲み物、茶菓子代を含む
 * ヘルパーさんは昼食をご持参ください
申込〆切 7月26日 萩尾(6429-3279) または オフィス(6421-4677)へ

 

 B県視協行事について

1. 視覚障害女性 家庭生活訓練事業 伊丹教室は昆陽池(コヤイケ)のあい愛センターで7月12日(金)、8月9日(金)の2日間行われます。
  要綱がまだ来ていないので詳しい内容はわかりませんが、朗読やオカリナ演奏があるそうです。
 申込は、萩尾 または 坂本部長まで

 

2.県高年部 研修会は11月1日(金)に観光バス2台で灘の酒蔵見学から六甲ガーデンテラスに行きます。
  10:00 三宮集合、会費は一人4千円程度です。詳しくは次号でお知らせします。

 

3.県女性部 研修会 11月8日(金) 10:00 湊川神社集合
  宝物殿見学。周辺で各自自由に昼食をとって 13:30 新開地 喜楽館前 集合、落語を楽しみます。
 会費一人500円。定員100名
 申込〆切 7/31 坂本・萩尾へ

 

●その3 その他のお知らせ
 @ 阪神センター合唱団 第32回定期演奏会
     とどけよう平和の願いと明日への希望

日時 2019年6月22日(土) 開場 17:45 開演 18:15
場所 ピッコロシアター 大ホール

<ステージ1> 合唱団のステージ
  町、旅のはじまり、おくりもの、花には太陽を子どもらには平和を、また逢う日まで、斎太郎節、大きな古時計、タンポポ、涙をこえて、街を愛するなら

 

<ステージ2> 和太鼓の響き

 

<ステージ3> とどけよう平和の願いと明日への希望
  (ともにうたう「愛と平和をうたう合唱団」)

入場料 一般2000円のところ 障害者・付添 各々 1000円
申込は 坂本泰美(ヤスミ)へ Tel 6419-3573

 

 A演劇愛好会より お知らせ

1. 桂枝雀一門会

日時 8月17日(土) 14:00開演
出演 桂 南光、桂 雀三郎、桂 文之助、桂 マン我、桂,二葉
* 入場料一般2500円のところ、おひとりで参加される方(館内は係員が誘導してくれます)2250円、付添いのある人は二人で4000円(会から補助を出します)

 

2. ピッコロシアター文化セミナー 「笑いの方程式」

9月7日(土) 15:00開演 笑福亭 仁智(ジンチ)
入場は無料ですが申し込みが必要です
申込は,いずれも愛好会代表高野へ Tel 6436-2166

 

●その4 ヘルプマークについて

 南北保健福祉センターに行ったついでに ヘルプマークをもらいましょう。
 赤地のカードに白の十字とハートマークが浮き彫りになっています。指で触ってわかります。ストラップがついていますので、カバンやリュックの目立つところにつけてください。
 弱視の方や一人歩きをする方がつけていると声掛けがしやすいと思います。
 説明書とシールとカードが入っています。

 

《説明書の内容》
 義足や人口関節を使用している方、内部障害や難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からはわからない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、「ヘルプマーク」を作成しました。
 この「ヘルプマーク」を身に着けた方が、日常生活や災害時において様々な援助を得やすくなるよう、このマークの普及に取り組んでいきます。
* 注意事項
 ・ストラッブがドアにはさまれないよう注意してください。
 ・なくさないよう注意してください。

 

《シールについて》
 必要に応じて、カードの片面に、付属のシールを貼ることができます。(兵庫県とありがとうのマーク。縱約7センチ。横約4センチ)
 シールには、伝えたい情報を記入することができます。
<シール記入例> ご自身が必要とする支援内容を記入します。

私は皆さんの支援が必要です。  私の名前
下記に連絡してください。
連絡先の電話@  呼んでほしい人の名前
連絡先の電話A  呼んでほしい人の名前

 

《カードについて》(名刺サイズ)
<表 記載文>
 あなたの支援が必要です。  ヘルプカード  ありがとう  兵庫県
<裏 記入例>

氏名 ふりがな  生年月日  血液型  状態・症状
緊急連絡先:氏名 続柄 電話
支援を受けたいこと

以上

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ

 

Topページへ

6 月 号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ

 

Topページへ

7 月 号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ

 

Topページへ

8 月 号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ

 

Topページへ

9 月 号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尼視協からのお知らせは以上です。

お問合せは、尼視協オフィスへ 電話 06-6421-4677

先頭へ


 
月間 行 事 予 定 2018 サ ー ク ル 活 動 尼 視 協 便 り [前期] 尼 視 協 便 り [後期] ス タ ッ フ 事 業 の 概 要